2007年07月10日

梅崎司 日本代表

梅崎司(うめさき つかさ、1987年2月23日-)は、長崎県諫早市出身で大分トリニータ所属のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(攻撃的ミッドフィルダー)。主にトップ下、左サイドでプレーする。

海外サッカーや日本代表、MLB、格闘技をはじめ、最新情報やライブ速報、写真ギャラリーと情報満載のスポーツ総合サイトです。 ... 梅崎司 (グルノーブル) プロフィール. 生年月日. 1987年2月23日. 出身. 長崎県
出場大会など

* U-18、U-19代表 2005-2006
o 2006年AFCユース選手権
* U-20日本代表 2007
o FIFA U-20ワールドカップ2007
大分トリニータ - 2007
1 西川周作 | 2 三木隆司 | 4 深谷友基 | 5 ジュニオール・マラニョン | 6 梅田高志 | 7 西山哲平 | 8 松橋章太 | 9 セルジーニョ | 10 アウグスト | 12 サポーター | 13 高松大樹 | 14 宮沢正史 | 15 森重真人 | 16 下川誠吾 | 17 根本裕一 | 18 市原大嗣 | 19 前田俊介 | 20 高橋大輔 | 21 松橋優 | 22 上本大海 | 23 河原正治 | 25 金崎夢生 | 26 池田達哉 | 27 小手川宏基 | 29 清水圭介 | 30 山崎雅人 | 31 福元洋平 | 32 梅崎司 | 33 藤田義明 |
プレースタイル

前線の攻撃的なポジションをこなし、抜群の加速力と精度を誇るドリブルで相手守備陣をズタズタに切り裂く。ドリブルを得意とする選手にありがちな、ボールを持ちすぎる傾向がやはり見えるものの、単独での突破力と相手DFを振り切ってから繰り出される精度の高いパスは同世代で出色と言えるだろう。右利きながら左サイドでのプレーを得意とし、左足でのキックの精度も低くはない。U-19日本代表ではウインガーに近い中盤左サイドに固定され、チームの中核を担っている。A代表へのいわゆる「飛び級」選出の事実が示すとおり、スピード、テクニックの高さには疑問の余地がないが、相手ボールを追いかけるチェイシングなど守備能力には課題がある。

来歴

大分トリニータのユースから2005年にトップチームへ昇格。2006年途中からレギュラーに定着した。

2006年8月31日、AFCアジアカップ2007の最終予選に向けた日本代表メンバーに、チームメイトの西川周作と共に選出される。これによりクラブ初の日本代表選手となると、9月6日に行われたイエメン戦で交代出場。代表1キャップを記録した。日本人選手の10代での国際Aマッチ出場は1998年の小野伸二、市川大祐以来となる快挙。

2007年1月26日にフランス2部のグルノーブル・フット38へ期限付きで移籍。 完全移籍のオプションもあったが行使されず、同年6月末の契約期間満了を前倒しして大分トリニータへ復帰した。

サッカーニュース24: フランス2部グルノーブル移籍の梅崎司が入団会見 ...
... グルノーブルに移籍したMF梅崎司が31日、フランス・グルノーブルで入団記者会見を行い「第2のサッカー人生を、 ... サッカーのフランス2部リーグ、グルノーブルに加入した日本代表MF梅崎司(19)が31日、フランス


posted by サッカー at 04:09| Comment(27) | TrackBack(2) | 日本代表選手名鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー日本代表引き分け

サッカー日本代表オシム日本に最強ライバル...エメルソンがカタール帰化:海外:サッカー ...
関係者によると、カタール代表入りできるのは2年以上の住居が条件となるほか、国際サッカー連盟(FIFA)の条件をクリアする必要があるが、代表入りすればオシム・ジャパンの2010年南アW杯予選突破へ、難敵が出現することになる。

サッカー日本代表のニュース、画像。 ... 9日にカタールと対戦する(8日、ハノイ)(時事通信社) アジア杯サッカー・会見するオシム監督 ... 9日に対戦するカタールのムソビッチ監督は、W杯イタリア大会でオシム監督をコーチで支えた。
スポーツナビ | サッカー
サッカー日本代表、Jリーグ、W杯、欧州サッカー、高校サッカー等のニュース、コラム。 ... カタール戦を前に戦術練習で橋本(左端)と競り合う高原(中央)=ハノイ【共同】 日本代表 ... 日本 - カタール速報します. オーストラリア 1-1 オマーン

国内外のサッカーニュース、試合と大会情報。 ... プロ野球 高校野球 MLB サッカー 競馬 ゴルフ NBA F1 WGP 大相撲 ... 日本代表アジア杯直前合宿(8日、ハノイ)9日、日本代表はアジア杯初戦となる1次リーグ・カタール戦を迎える。

日本代表、Jリーグ、海外サッカーのニュース、速報などを掲載しています。 ... サッカー紙面一覧. オシムジャパンが最強3トップで勝つ!新たな超攻撃的布陣. カタール必勝へ奇策!オイルマネーでサポーター1万人呼ぶ. D組3位のブラジル

師弟対決の日本vsカタール=オシム、ムソビッチ両監督 ...
【ハノイ8日時事】サッカーのアジア・カップ1次リーグB組で9日に対戦する日本のオシム監督(66)とカタールのムソビッチ監督(62)が8日、当地のホテルで記者会見し、意気込みを語った。 ... 師弟対決の日本vsカタール=オシム

日本、初戦はオシム戦術知り尽くしたカタール...アジア杯組み合わせ:日本 ...
報知新聞社のサッカーページです。 ... 初戦の相手カタールは、イビチャ・オシム監督(65)が率いた90年イタリアW杯のユーゴスラビア代表のコーチだったゼマルディン・ムソビッチ監督が率い実力急上昇。 ... カタール監督宣言、家族同然オシム監督「倒す」
posted by サッカー at 04:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

中村俊輔CMと書籍サッカー日本代表

CM出演

* キリンビール 麒麟淡麗〈生〉
* adidas
o 『サッカー狂症候群 中村俊輔篇』(2002年)
o 『+10 中村俊輔+10 vs デルピエロ+10篇』(2006年) - アレッサンドロ・デル・ピエロとの共演
o 『JOSE+10』(2006年)
* ファミリーマート
* アダムス「リカルデント」(2003年)
* 大塚製薬「オロナミンC」(2005年)- 上戸彩との共演
* コナミ
o 「ウイニングイレブン9」(2005年) - ジーコとの共演
o 「ウイニングイレブン10」(2006年)-ジーコとの共演

* ヤマダ電機(2006年)
o 『For Your JUST篇』
o 『ヤマダに新戦力篇』
* シュガーレディー(2006年) - 稲本潤一との共演
* TOYOTA「トビラを開けよう」キャンペーン(2006年)
* AIDEM「iのある仕事を」キャンペーン(2006年)
* 2000年 中村俊輔―世界へはなつシュート (旺文社、北条 正士)
* 2001年 シュンスケ!―中村俊輔ファンタジスタへの予感 (小学館)
* 2001年 天才レフティー中村俊輔 (ラインブックス、中村俊輔担当記者グループ)
* 2002年 中村俊輔 飛翔 (ラインブックス、中村俊輔担当記者グループ)
* 2002年 中村俊輔 リスタート (文藝春秋、佐藤 俊)
* 2003年 黄金のカルテット 中村俊輔物語 (汐文社、本郷 陽二)
* 2003年 海を渡ったヒーローたち―中村俊輔・稲本潤一・小野伸二・中田英寿 (汐文社、本郷 陽二)
* 2003年 『プライド』 中村俊輔 オフィシャルドキュメントブック (ソニー・マガジンズ、藤沼 正明)
* 2004年 中村俊輔 栄光への疾走 (鹿砦社、中村俊輔取材班)
* 2005年 SHUNSUKE 中村俊輔 イタリアの軌跡 (朝日新聞社、アルフレード・ペドゥッラ)
* 2005年 Ciao!―中村俊輔イタリア日記 (ソニーマガジンズ、中村 俊輔)
* 2006年 中村俊輔フォトブック 「NAKAMURA SHUNSUKE」 (ワニマガジン社、横内 禎久)
* SHUNSUKE
* FANTASISTA Shunsuke Nakamura IN SCOTLAND GLASGOW
* 中村俊輔の“I Love Soccer”サッカー教室〈永久保存版〉
* 中村俊輔DVDバイオグラフィー 2002-2005
* セルティック 2005 - 2006シーズン リーグチャンピオンへの軌跡
1. ^ 後にトルシエは、俊輔のメンバー落ちを4月には決めていたとインタビューで語っていた。
2. ^ トルシエはとんねるずのみなさんのおかげでしたの木梨憲武とのコーナーにおいて「試合中で精彩を欠いていた時に彼を交代させた際、試合を見ずにずっと髪を触っている姿を見てダメだと思った。」と語っている。
3. ^ このゴールは中村自身が覚えている限り2番目の出来である。ちなみに、1番は2000年の親善試合のスロバキア戦でのフリーキック。後述のマンチェスターユナイテッド戦での決勝トーナメント進出を決定するフリーキックは3番目の出来だったらしい。
* 神奈川県出身の有名人一覧
* サッカー日本代表選出選手
* 2002 FIFAワールドカップ日本代表
* 2006 FIFAワールドカップ日本代表
* 日本国外のリーグに所属する日本人サッカー選手一覧
posted by サッカー at 14:39| Comment(1) | TrackBack(1) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中村俊輔CMと書籍サッカー日本代表

CM出演

* キリンビール 麒麟淡麗〈生〉
* adidas
o 『サッカー狂症候群 中村俊輔篇』(2002年)
o 『+10 中村俊輔+10 vs デルピエロ+10篇』(2006年) - アレッサンドロ・デル・ピエロとの共演
o 『JOSE+10』(2006年)
* ファミリーマート
* アダムス「リカルデント」(2003年)
* 大塚製薬「オロナミンC」(2005年)- 上戸彩との共演
* コナミ
o 「ウイニングイレブン9」(2005年) - ジーコとの共演
o 「ウイニングイレブン10」(2006年)-ジーコとの共演

* ヤマダ電機(2006年)
o 『For Your JUST篇』
o 『ヤマダに新戦力篇』
* シュガーレディー(2006年) - 稲本潤一との共演
* TOYOTA「トビラを開けよう」キャンペーン(2006年)
* AIDEM「iのある仕事を」キャンペーン(2006年)
* 2000年 中村俊輔―世界へはなつシュート (旺文社、北条 正士)
* 2001年 シュンスケ!―中村俊輔ファンタジスタへの予感 (小学館)
* 2001年 天才レフティー中村俊輔 (ラインブックス、中村俊輔担当記者グループ)
* 2002年 中村俊輔 飛翔 (ラインブックス、中村俊輔担当記者グループ)
* 2002年 中村俊輔 リスタート (文藝春秋、佐藤 俊)
* 2003年 黄金のカルテット 中村俊輔物語 (汐文社、本郷 陽二)
* 2003年 海を渡ったヒーローたち―中村俊輔・稲本潤一・小野伸二・中田英寿 (汐文社、本郷 陽二)
* 2003年 『プライド』 中村俊輔 オフィシャルドキュメントブック (ソニー・マガジンズ、藤沼 正明)
* 2004年 中村俊輔 栄光への疾走 (鹿砦社、中村俊輔取材班)
* 2005年 SHUNSUKE 中村俊輔 イタリアの軌跡 (朝日新聞社、アルフレード・ペドゥッラ)
* 2005年 Ciao!―中村俊輔イタリア日記 (ソニーマガジンズ、中村 俊輔)
* 2006年 中村俊輔フォトブック 「NAKAMURA SHUNSUKE」 (ワニマガジン社、横内 禎久)
* SHUNSUKE
* FANTASISTA Shunsuke Nakamura IN SCOTLAND GLASGOW
* 中村俊輔の“I Love Soccer”サッカー教室〈永久保存版〉
* 中村俊輔DVDバイオグラフィー 2002-2005
* セルティック 2005 - 2006シーズン リーグチャンピオンへの軌跡
1. ^ 後にトルシエは、俊輔のメンバー落ちを4月には決めていたとインタビューで語っていた。
2. ^ トルシエはとんねるずのみなさんのおかげでしたの木梨憲武とのコーナーにおいて「試合中で精彩を欠いていた時に彼を交代させた際、試合を見ずにずっと髪を触っている姿を見てダメだと思った。」と語っている。
3. ^ このゴールは中村自身が覚えている限り2番目の出来である。ちなみに、1番は2000年の親善試合のスロバキア戦でのフリーキック。後述のマンチェスターユナイテッド戦での決勝トーナメント進出を決定するフリーキックは3番目の出来だったらしい。
* 神奈川県出身の有名人一覧
* サッカー日本代表選出選手
* 2002 FIFAワールドカップ日本代表
* 2006 FIFAワールドカップ日本代表
* 日本国外のリーグに所属する日本人サッカー選手一覧
posted by サッカー at 14:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中村俊輔所属チーム

中村俊輔所属チーム
* 1985-1991 - 深園FC
* 1991-1994 - 日産FCジュニアユース
* 1994-1997 - 桐光学園高校
* 1997-2002.7 - 横浜マリノス/横浜F・マリノス
* 2002.8-2005.7 - レッジーナ(セリエA)
* 2005.8-現在 セルティック(スコティッシュ・プレミアリーグ)
個人成績
国内大会個人成績 リーグ戦 リーグカップ オープンカップ 期間通算
シーズン クラブ 背番号 カテゴリー 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1997年 横浜M 25 J 27 5 3 0 1 0 31 5
1998年 横浜M 25 J 33 9 4 1 0 0 37 10
1999年 横浜FM 10 J1 26 7 4 0 3 1 33 8
2000年 横浜FM 10 J1 30 5 4 1 2 0 36 6
2001年 横浜FM 10 J1 24 3 6 2 1 0 31 5
2002年 横浜FM 10 J1 8 4 - - 8 4
イタリア リーグ戦 イタリア杯 オープンカップ 期間通算
2002年-2003年 レッジーナ 10 セリエA 32 7 4 1 - 36 8
2003年-2004年 レッジーナ 10 セリエA 16 2 2 0 - 18 2
2004年-2005年 レッジーナ 10 セリエA 33 2 - - 33 2
スコットランド リーグ戦 リーグカップ オープンカップ 期間通算
2005年-2006年 セルティック 25 S・プレミア 33 6 4 0 1 0 38 6
2006年-2007年 セルティック 25 S・プレミア 37 9 - 4 0 41 9
通算 日本 J1 148 33 21 4 7 1 176 38
イタリア セリエA 81 11 6 1 - 87 12
スコットランド S・プレミア 70 15 4 0 5 0 79 15
総通算 299 59 31 5 12 1 342 65
国際大会個人成績
シーズン クラブ 背番号 出場 得点
UEFA UEFA CL
2006年-2007年 セルティック 25 8 2
通算 UEFA 8 2
中村俊輔
ラベル:中村俊輔
posted by サッカー at 14:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。